ハッピーハロウィン

こんにちは、広島県三原市の美容院デリッシュヘアーです。
髪質改善!!自然にこだわったツヤツヤカラー専門美容室です!

 

本日のテーマはコチラ
▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

ハロウィン

 

皆さんハロウィンが近づいてきましたね!!

 

ハロウィンって降ってわいたようにここ数年盛り上がってますが、一体何なのかご存知ですか?

今回は、ハロウィンについて調べてみました

起源

そもそもハロウィンは、古代ケルト人のドルイド信仰の風習でした。ケルト人の1年の終わりは10月31日で、この夜は秋の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていたそうです。

 

古代ケルトのドルイドの信仰では、新年の始まりは冬の季節の始まりである11月1日のサウィン(サオィン[ˈsaʊ.ɪn]、サワーン[ˈsaʊn]、サーウィン[ˈsɑːwɪn][7]または、サウィーン、サーオィン、サムハイン、Samhain)祭であった。ちょうど短い日が新しい年の始まりを示していたように、日没は新しい日の始まりを意味していた。したがって、この収穫祭は毎年現在の暦で言えば10月31日の夜に始まった

どうして日本にハロウィンが広まったのか?

日本に最初に入ってきたのは1970年代でアメリカなどに行われる娯楽行事を模して1983年に日本初となるハロウィンパレードが開催される

しかしあまり日本に広まることはなく

1997年より始まった東京ディズニーランドのイベントを筆頭として、各地でのハロウィンイベントの開催が増えたこと、さらに2000年代後半より菓子メーカーが相次いでハロウィン商戦に参入したことなどを契機としながら、2010年代中盤にはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及にも後押しされて市場規模が拡大。同時期、店頭・街中でのハロウィン装飾が見られるようになったほか、仮装・コスプレのイベントとして日本式にアレンジされたハロウィンが行われている

アメリカから日本に来たハロウィン どうやってアメリカに?

ハロウィンがアメリカの年鑑に祝祭日として記録されたのは19世紀初頭以降のことである。ニューイングランドのピューリタンなどはハロウィンに強く反対する立場であり、19世紀になりアイルランドおよびスコットランドから大量に移民が到着するまでは、ハロウィンが本格的に定着することはなかった。ハロウィンは19世紀半ばまで特定の移民共同体の内でだけの行事として行われていたが、徐々にアメリカの「主流社会」に受け容れられるように、20世紀初頭には、社会的、人種的、宗教的背景に関係なく、アメリカのほとんどの人々に受け入れられ、東海岸から西海岸へ広まった。1950年代には「トリック・オア・トリート」の合言葉が製薬会社や映画会社、テレビ局などの仕掛けもあり普及した。そして、世界各国で軍事的・経済的に活動するアメリカ人が増えるのにともない、そうした場所で、アメリカ風のハロウィンの風習も広がることになった。

まとめ

 

色々調べてみましたが、

古代ケルト民族の祭りだったが、移民などでアメリカにわたり、製菓会社やテレビ局の影響で現在のトリックオアトリートのハロウィンとなり、ディズニーランドや日本の製菓会社の仕掛けにより日本に浸透中!

ということがわかりましたね!!

当店も、流行にあやかって
来店していただいたすべてのお客様に感謝のハロウィンプレゼント(お菓子)をご用意しています。

31日の夜には死者の魂が返ってくるとのことでしたので、現代日本では、お盆とハロウィンで先祖が返ってこれるみたいです。なにかお供え物やカボチャのランタン(ジャックオランタン)などしてみてもいいかもしれませんね!!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました

トリーメントにこだわって多数取り揃える美容室、
広島県三原市の美容院デリッシュヘアーでした(^^)

▽▼▽ご予約 相談 質問は電話かラインメッセージから▼▽▼