質問コーナー

こんにちは、広島県三原市の美容院デリッシュヘアーです。
髪質改善!!自然にこだわったツヤツヤカラー専門美容室です!

 

本日のテーマはコチラ
▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

ブリーチをした後黒染めをして、そのあとこげ茶にしたい

 

この説明をするのにブリーチをするとどうなるかカラーをするとどうなるかを先に説明しますね

ブリーチ

ブリーチ剤は、2剤式が一般的に使用されています、第1剤には、アンモニア水、モノエタノールアミン等のアルカリ剤を配合したもの(液状およびクリーム状タイプが多い)と、過硫酸アンモニウム等の酸化助剤、ケイ酸ナトリウム等のアルカリ剤を配合したもの(粉末タイプが多い)があります、第2剤には、過酸化水素水等の酸化剤が配合されます、毛髪が脱色される原理は、アルカリ剤で活性化された過酸化水素がメラニン色素を酸化分解して、その量が少なくなるため毛髪の色は明るくなります

簡単にイメージすると、大きなメラニンを分解すると小さなメラニンになり、色が明るくなっていきます

カラーの仕組み

カラーは、

1. 塗布前の状態
ヘアカラーの1剤と2剤を混合し乾いた髪に塗る。

2. 毛髪の膨潤と染料の浸透
1剤中のアルカリ剤がキューティクルを開き混合液が髪の内部へ浸透する。

3. メラニンの脱色と染料の発色
アルカリ剤によって2剤の過酸化水素水が分解され酸素を発生。発生した酸素がメラニン色素を脱色し同時に発生した酸素によって染料を発色させる。

4. 染料の定着
発色した酸化染料の分子はくっつき合って元より大きくなる。大きくなることによりキューティクルのすき間から出られなくなり髪の内部に閉じ込められて色が定着する。

簡単に言うと、髪の毛の中にカラー剤が入ると、メラニン色素を分解しつつ(ブリーチしつつ)色を染めていきます

黒染めは、ほとんどブリーチをせずに染料を髪の中に入れていきます

ブリーチして黒染めしたら

ブリーチしてから黒染めすると

メラニン色素がほとんどなくなっている状態に染料を入れて黒くした状態です

なので黒染めした後普通のカラー剤で染めてもブリーチ(メラニン色素の分解)が起きないため明るくならないのです

まとめ

ブリーチした髪の毛に黒染めをすると次回普通のカラーはできなくなるでした

皆さん参考になったでしょうか?

本日も最後までお読みいただきありがとうございました

トリーメントにこだわって多数取り揃える美容室、
広島県三原市の美容院デリッシュヘアーでした(^^)

▽▼▽ご予約 相談 質問は電話かラインメッセージから▼▽▼