【脱初心者】ちょっとできるスタイリング

こんにちは、広島県三原市の美容院デリッシュヘアーです。
髪質改善!!自然にこだわったツヤツヤカラー専門美容室です!

 

本日のテーマはコチラ
▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

【脱初心者】ちょっとできるスタイリング

前回の記事

ワックスの使い方に慣れてきてもう一段階進みたい人!

練習は必要ですが、慣れれば今までのスタイリングがずっとやりやすくなりますよ!!

 

スタイリングの9割は、髪を乾かす時に決まる!

 

どんなにカットが良くてもどんなにワックスのつけ方がうまくても、

髪を乾かす時に失敗するとうまくいきません

ワックスをつける前のドライヤーはどうやっていますか?「適当に乾かすだけだけど?」これは間違いです。プロの美容師と素人のセットの大きな違いは実はドライヤーの使い方です。ワックスの使い方やセットの仕方よりもドライヤーでの乾かし方が実はとても重要なのです。ドライヤーだけで目指す髪型の近くまで持っていくことが大事です。ドライが適当だといくらワックスを上手につけても目指すヘアスタイルにはなりませんし、持ちも悪くなります。

ブローをするときは自分のやりたいスタイルをイメージしながらほぼスタイルを作っていきましょう

ボリュームを出す、ボリュームを押さえる基本ブローテクニック

まず髪全体を完全に乾ききる一歩手前ぐらいの状態までドライヤーで乾かします。髪は完全に乾いてしまうとドライヤーを当てても癖がつきにくいので、まだこの段階では完全に乾かしてはいけません。ここからのドライヤーブローが重要です。髪の特徴は「濡れている状態から乾く瞬間の形のままクセがついて、そのクセは、再び水で濡らさない限り、ちょっとやそっとじゃ直らない」です。さあ、目指すヘアスタイルの形で完全乾燥させていきましょう。

ここからのドライヤーブローのポイント
①トップはボリュームを出す
②サイドはボリュームを押さえる
③後頭部の上部はボリュームを出す

①トップはボリュームを出す

トップはボリュームを出したい場所ですので、上画像のように髪を持ち上げてドライヤーの熱風を髪の根元に送ります。注意点は根元にドライヤーの熱を当てることです。ボリュームは髪の根元が立ち上がることによってできるので、毛先にいくら熱を当ててもフンワリしません。しっかり根元にドライヤーを当てて完全に乾かしましょう。やりにくければドライヤーの風量を「弱」に切り替えるといいです。

そして今度は熱を冷まします。髪を指で持ち上げた状態のまま、ゆっくり3秒ほど熱が冷めるまでホールドします。熱が冷めたら指を離してみましょう。すると、「おおー!」とびっくりするぐらいふんわりとボリュームが出たと思います。持ち上げた状態で完全に乾かした髪は水素結合されて立ち上がるクセがつきました。このようにボリュームを出したいときは髪の根元を立ち上げてドライヤーの熱を送り、熱が冷めるまで3秒ほど待つのがポイントです。

②サイドはボリュームを押さえる

サイドはボリュームを押さえたい場所です。ポイントはドライヤーを当てる方向です。案外多いのは顔の前からドライヤーの風を当ててサイドを乾かす人です。これではサイドにボリュームが出てしまいます。サイドの髪を乾かすときは上から下に毛流れに沿って風が来るようにして、ドライヤーの風でボリュームを押さえていくように意識して乾かしましょう。

それでも膨らむ人はサイドやハチのボリュームをなくしたい部分を手で押さえて、隙間から熱風を送り、手で押さえたまま3秒ほど冷やします。かなりボリュームダウンできるはずです。この「冷ます」ということが案外知られていないポイントです。冷ます時にドライヤーの冷風を使うとさらに強力に押さえられます。

 

③後頭部の上部はボリュームを出す

後頭部の上のほうはボリュームを出したい場所です。横から見た時にシルエットが絶壁だと格好悪いですからね。絶壁にならないようにボリュームを出したいところを手で持ち上げて根元にドライヤーの風を送るように乾かしましょう。トップのボリュームを出したやり方と同じ要領です。「持ち上げて」「根元に熱を入れて」「3秒冷ます」です。後頭部の襟足付近はドライヤーを上から下に当てて首に沿わせるように乾かします。

後は前回のワックスのつけ方で形を整えるだけです

そしてこのブローテクニックはあくまで基本です。

トップのボリュームは出してサイドは抑える後頭部上部はボリュームを出すの基本に
やりたい髪型 やりたいスタイルになるようにブローとワックスで形を作っていきます

 

ここまで出来れば美容師がやっているようなスタイルが作れるようになりますよ!

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました

トリーメントにこだわって多数取り揃える美容室、
広島県三原市の美容院デリッシュヘアーでした(^^)

▽▼▽ご予約 相談 質問は電話かラインメッセージから▼▽▼