ヘアドネーション

広島県三原市にあるデリッシュヘアーです。
当店ではヘアドネーションというものに力をいれております。

 

ヘアドネーションとは?

 

 

小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動。

もともとはアメリカの団体Locks of Loveなどが行っていた活動で、日本では2009年にNPO法人Japan Hair Donation&Charityが活動を開始した。 当初は認知度の低さから髪の毛の寄付が少なく、最初のウィッグを提供するまで4年を要したが、2015年頃から有名な芸能人が参加したことにより認知度が上がり、寄付が急増した

寄付する髪の毛は31cm以上(『つな髪プロジェクト』は15cm以上)の長さがあることが条件。

引用:Wikipedia

ヘアドネーションとは文字通り

◯Hair 髪の毛
◯Donation 寄付

「髪の毛を寄付する」ことです。

 

当店は2015年にヘアドネーションを始めました(^^)
広島で最新で始めたパイオニアとして当時
新聞、テレビ等のメディアで特集を組まれた実績もあります。

寄附金額もトップクラスで現在もとても力を入れている分野です。

この記事では皆さんに少しでも「ヘアドネーション」についての理解を深めてもらい
全国での寄付が少しでも増えたらいいなと思っています。

冒頭でもご紹介したとおり、
このヘアドネーション寄付を通じて喜ぶ方がたくさんいるのです♪

いつも”当たり前”に伸びてきてしまう髪の毛…
でもそれが”当たり前”じゃない方もたくさんいるのです!

「ヘアドネーション」を通じて当店のサロンワークと共に
広島県三原市を元気にしたいと考えています。

ヘアドネーションよくある質問

 

髪の毛の長さ31センチって?

 

ヘアドネーションを行うにはどこかしらかの団体に受け付けてもらう必要があります。
ヘアドネーション受け付けている団体によっては15cmでも寄付可能です。

 

25cmという数字が話題に登ることもありますが、
これはアメリカに10インチ(25cm)から寄付を受け付ける団体があるからでしょうね。

 

基本的には31cm(12インチ)から寄付可能としていますがこれは、

 

31cm以下の髪の毛については転売して資金を得ることで
間接的な支援となることを意味しています。

 

ただ、せっかくなら自分の髪の毛を直接医療ウィッグの材料として使って欲しいと
私は思うので、同じように思ってくれる方は
がんばって髪の毛をのばしてから31cm以上寄付するのはいかがでしょう?(^^)

 

ヘアドネーションが必要な理由

 

ヘアドネーションは「髪の毛を寄付する」というのは分かりましたが、
人毛が必要な理由は何なのでしょう?

 

アクリルなど化学繊維でできた人工毛のウィッグであれば、
値段も安く済む上に大量生産が可能ですが、
やはり人の髪の毛とは明らかに見た目が違います。

特に、

・近くで見られた時
・強く風が吹いた時
・雨に濡れた時に

不自然さが露呈してしまい、

”いかにもウィッグ”ということが分かってしまいます。

 

ただでさえ髪の毛を失ったことで傷ついている子どもたちは、
ウィッグであることが人に分かってしまうことで二重に傷ついてしまうのです。

少しでも子どもたちに明るい気持ちになってもらう為に、
地毛と遜色のない人毛のウィッグをプレゼントしてあげたくありませんか?

 

また、1つのウィッグを作るためには、
約20〜30人分の髪の毛がないといけないので、
多くの人の寄付が必要なのです。

 

 

白髪や癖毛、ダメージヘアーでの寄付

 

ヘアドネーションをする際に
「白髪や癖毛が嫌がられる」等ということは決してありませんので、
どうぞ安心してお声掛けください(^^)

もちろんパーマヘアでも大丈夫です。

それどころかカラーやブリーチをしていて、
多少のダメージがあっても大丈夫です!

年齢・性別・国籍も問いません!

 

なぜならヘアドネーションではウィッグを作る過程で一旦
トリートメントやストレートパーマ、カラーリングを
施して均一な髪のコンディションにするからです。

 

ただし、引っ張ると切れてしまうような
極端なダメージヘアではうまくウィッグを作ることができません。

極端なダメージヘアの方は、
まず髪のコンディションを整えて、
少し伸ばしてから寄付すると良いと思います(^^)

ご興味のある方はご相談頂けたら、
当店であればダメージヘアー対策もいたしますので一石二鳥です♪

当店が選ばれる理由

 

ヘアドネーションは、
ただ切った髪の毛を団体に送れば寄付完了!
というものではありません。

 

団体によって色々な条件がありますが、
共通していることは

・寄付する髪の毛は完全に乾いていること

ゴムでまとめてから髪を切る(髪を切ってからまとめたのでは長さや向きがバラバラになるので)

・送る際、他の人の髪の毛が混ざらないよう一人分(同一人物)の髪の毛は束を1つにまとめる

などです。

 

 

これらを気をつけながらやるのって少し大変ですよね?
「寄付」というのは皆さんのささやかな気持ちの積み重ねです。

当店ではその「気持ち」さえ持ってきてくれたら
あとは全てコチラで行います(^^)

 

 

いかがでしたか?

 

広島県三原市にあるデリッシュヘアーでは
ヘアドネーションに力をいれております。

実績も十分で広島発祥と言ってもいいでしょう!

 

ご興味のある方は安心してお問い合わせください(^^)